コンテンツにスキップする

仏ルノー、持ち株会社設立で日産自との経営統合を検討-関係者

  • 日産とルノーがそれぞれ株式50%ずつを保有、取締役メンバーは同数
  • アライアンスを不可逆的なものにしたい-ルノーCFO

フランスの自動車メーカー、ルノーは、持ち株会社を設立する形で日産自動車に経営統合を提案する計画だ。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  部外秘の協議内容だとして匿名を条件に述べた関係者の1人によると、ルノーの統合案は同社と日産がそれぞれ持ち株会社の株式50%程度を保有し、両社とも同数の取締役会メンバーを置くというもの。持ち株会社の本社は日本とフランスを避けてシンガポールに置く可能性があるという。

  持ち株会社を設立することでアライアンスを強化しにコスト削減を確実にする狙いだと、同関係者は述べた。統合案は協議中の複数案の1つで、ルノーは日産から同意が得られる道を模索している。

  ルノーのクロティルド・デルボ最高財務責任者(CFO)は26日、同社四半期決算を説明する電話会議で統合案について質問され、「アライアンスを不可逆的なものにしたい」と述べ、「日産とともにこれを目指していく」と話した。

  これより先、日本経済新聞がルノーによる統合案を報じていた。日産とルノーの担当者は同案についてコメントを避けた。

  • 備考:ルノー会長の経営統合再提案、日産は強く反対-関係者

原題:Renault Said to Renew Nissan Deal Push Under Holding Company (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE