コンテンツにスキップする

新興市場の「セル・イン・メイ」リスクは限定的、ゴールドマンが予想

  • 新興国市場は5、6月に弱さが見られる傾向にある
  • 米経済成長の加速が新興国資産の支援材料となる可能性

米ゴールドマン・サックス・グループによると、今年の新興市場は例年5、6月に見られる向かい風に直面することはなさそうだ。米国の力強い経済成長が世界の景気に寄与するとの見方が背景。

  ゴールドマンのストラテジスト、ロン・グレイ氏とシーザー・マースリー氏は25日付リポートで、「新興市場(および世界)の経済成長が引き続き改善するというのが基本シナリオだ。今後のさらなる相場上昇につながるとみている」と記述。「しかし過去のパターンと同じように年初からの強い上げが減速したことから、『セル・イン・メイ・アンド・ゴー・アウェイ』(5月に売り、市場を離れろ)という言葉を生み出したトレンドを認識しておくことが重要だと言えよう」と指摘した。

relates to 新興市場の「セル・イン・メイ」リスクは限定的、ゴールドマンが予想

  株式や為替、債券、クレジットに至るまで新興市場資産は年初の4カ月でプラスのリターンを生み出し、5月と6月にマイナスに転落する傾向があると、同ストラテジストらは分析する。特に為替は第2四半期に打撃を受ける傾向にあるという。

  新興国の株価は年初来上昇しており、MSCI新興市場指数は11%高となっている。これに対しMSCIオールカントリー・ワールド指数(ACWI)は14%の上昇だ。この上昇率に大きく貢献しているのが中国で、それ以外の市場では低迷している。

  それでもゴールドマンは米国の経済成長が季節的な落ち込みによる影響を緩和するとみている。

  両氏は「第4四半期から第1四半期の成長トレンドは続けて加速し、第1四半期から第2四半期にかけては減速する傾向にある」と指摘。「第2四半期の世界経済は総じて拡大をなお見込んでいる。特に米国の経済成長が拡大し、過去に見てきた第2四半期の落ち込みを和らげるとみている」と分析した。

原題:Goldman Says ‘Sell in May’ Risk for Emerging Markets Is Limited(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE