コンテンツにスキップする

英銀RBSの1-3月利益は予想上回る-英EU離脱による影響も警告

英銀ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)は、1ー3月(第1四半期)に英経済を取り巻く不確実性に耐え、予想を上回る利益を計上した。ただ、英国の欧州連合(EU)離脱の影響を巡る懸念は残っている。

  26日の発表によると、1ー3月の税引き前営業利益は10億1000万ポンド(約1460億円)。同行が示したアナリストの予想平均9億ポンドを上回った。RBSはまた、英国の厳しい状況が今後数カ月の収益に影響を及ぼす可能性があると警告した。

  RBSは発表資料で「英EU離脱を巡る不透明感が引き続き景気に及ぼす影響や、それに伴う企業の借り入れ決定の遅れで、収益の伸びが短期的により困難になる公算が大きいと認識している」と指摘した。

原題:RBS Profit Beats Estimates, But Sees Brexit Challenges Deepening(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE