コンテンツにスキップする
Photographer: Brendan Smialowski/Bloomberg

米政策金利は20年末まで据え置き、利下げなし-エコノミスト調査

  • 19年中の利下げを予測したのは39人中2人だけ
  • トランプ大統領が金融当局の決定に影響を与えたとの見方は否定
The U.S. Federal Reserve building stands in Washington D.C.
Photographer: Brendan Smialowski/Bloomberg

米連邦準備制度はコアインフレ率が低下した場合も利下げをしないだろうと、ブルームバーグの調査に答えたエコノミストらが予想した。一方、投資家は年内の利下げを見込んでいる。

  23-25日にかけて実施した調査の中央値では、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標レンジが2020年末までは現行の2.25-2.5%にとどまるとの予想が示された。調査に答えた39人のうち、19年中の利下げを予測したのは2人だけだった。一方、金利先物市場は12月までに利下げがある確率約60%を織り込んでいる。

The Fed Stands Pat

Economist don't see lower inflation or rising markets spurring a rate move

Source: Bloomberg survey

  調査での他の質問への回答によると、エコノミストらは金融当局が利上げも利下げも急がないとみている。ムーディーズ・アナリティクスの金融政策調査責任者、ライアン・スウィート氏は、「当局は予測可能な将来にわたって様子見を続けるだろう」と述べた。

  当局は今後数カ月の政策決定でインフレを目安とするだろうが、仮にコアインフレ率がさらに低下しても、それが大幅かつ持続的でない限り、利下げにはつながらないと同氏はみている。

Core PCE inflation has mostly failed to hit the Fed's target

  エコノミストらはまた、トランプ大統領が金融当局の決定に影響を与えたとの見方は否定。69%がトランプ氏の度重なる金融政策批判は当局の意思決定に影響を及ぼさなかったと答えた。

原題:Economists See Fed on Hold Through 2020 With No Rate Cut: Survey(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE