コンテンツにスキップする

茂木再生相、日米首脳会談前に協議内容確認ー貿易協定交渉

  • 自動車の数量規制の話、今回はなかったと茂木再生相
  • 「焦点は見えてきているが成果を発表できる段階ではない」

ワシントン訪問中の茂木敏充経済財政・再生相は25日、米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表との日米貿易協定交渉の2回目の会合後、記者団に対し、先週の協議内容について26日の日米首脳会談前に確認したと述べた。その上で、「焦点は見えてきているが成果を発表できる段階ではない」と話した。主な発言は次の通り。

  • 進展はあるが成果として発表できる段階ではない
  • 物品貿易の議論、日米にウィンウィンとなる成果の早期実現に向け率直に協議
  • 為替の話は先週も今週もしていない
  • 自動車の数量規制の話、今回はなかった
  • 首脳会談で通商に長い時間をかけるとは思わない
  • 首脳会談前にあらためてライトハイザー代表と話す予定はない
  • 備考:農産品・車含む物品を協議、早期合意で一致-日米貿易交渉
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE