コンテンツにスキップする

スタバは米中で売り上げ伸び維持、値上げ効果で

  • 米州の既存店売上高は4%増加、中国は3%増
  • 通期の調整後1株利益見通しを上方修正-コスト節減と税率低下で
A barista prepares a customers coffee order inside a Starbucks Corp.

A barista prepares a customers coffee order inside a Starbucks Corp.

Photographer: Waldo Swiegers/Bloomberg
A barista prepares a customers coffee order inside a Starbucks Corp.
Photographer: Waldo Swiegers/Bloomberg

世界最大のコーヒーチェーン、米スターバックスは主要市場である中国と米国で力強い成長を維持しているが、それは客足の伸びではなく値上げ効果によるものだ。

  • スターバックスの1-3月(第2四半期)の米州の既存店売上高は4%増加。コンセンサス・メトリクス集計の予想(3.7%増)を上回った。中国の既存店売上高も3%増加した。

インサイト

  • スターバックスはロイヤルティープログラムの拡充やサービス向上、健康志向の高い消費者にアピールするドリンク新商品によって主要市場での競争を克服しようとしている。こうした取り組みは奏功しているもようで、客単価は全市場で増加した
  • ただ、米州の取引件数は横ばいにとどまり、客足の増加ではなく価格引き上げが成長の原動力となっていることを示唆
  • 中国の店舗数は17%の純増
  • スターバックスは通期の利益見通しを上方修正。コスト節減と税率低下を理由に挙げた。調整後1株利益見通しは2.75-2.79ドルで、従来の2.68-2.73ドルから引き上げた。これはアナリスト予想の平均を上回る水準
Starbucks has pulled its growth rate higher in recent quarters

市場の反応

  • スターバックスの株価は25日の時間外取引でプラス圏とマイナス圏を行き来した
  • 発表資料

原題: Starbucks Rides Higher Prices to Sales Growth in China, U.S.(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE