コンテンツにスキップする

フォード1-3月の1株利益予想上回る、株価が一時10ドル台回復

  • 調整後1株利益は44セントと予想平均(26セント)を上回った
  • 通期利益改善の見通しへの確信が強まったとシャンクスCFO

フォード・モーターの1-3月(第1四半期)決算では、ピックアップトラック「Fシリーズ」への力強い需要に加え、大掛かりなコスト削減の効果が出始めたことを背景に利益見通しの改善が示され、株価も10ドルを下回る低迷を一時脱した。

  1-3月の調整後1株利益は44セントとアナリストの予想平均(26セント)を上回った。ただ販売業者への出荷台数がグローバルで減り、自動車収入は372億ドル(約4兆1500億円)に減少した。予想平均は370億ドルだった。

Ford's shares headed back above $10

  今年1月時点で通期利益改善の「可能性」に言及したボブ・シャンクス最高財務責任者(CFO)は25日に記者団に対し、そうした見通しへの確信が強まったと語った。

  フォードの株価は25日の通常取引終了後の時間外取引で、一時10%高の10.35ドルを付けた。通常取引は1.8%安で終了。10ドル台を回復するのは、昨年8月以来となる。同社の株価は昨年崩れた後、今年に入り23%上昇している。

  一方、同社の中国部門の税引き前損益は1億2800万ドルの赤字となった。前年同期は1億5000万ドルの赤字。1-3月の中国自動車販売は市場の減速もあって36%減少した。

Call It a Comeback

Ford's profitability improved to the highest in almost three years

Source: Company statements, data compiled by Bloomberg

シャンクスCFO

Markets: What’s You Miss?" (Source: Bloomberg)

原題:Ford Climbs Back Above $10 on ‘Rolling Stone’ of Improvements(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE