コンテンツにスキップする

4月25日の海外株式・債券・為替・商品市場

更新日時

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次の通り。

◎NY外為:ドル指数、ほぼ変わらず-GWを前に円買い戻し

  25日のニューヨーク外国為替市場では、ドル指数がほぼ変わらず。ドルは主要10通貨の多くや新興国通貨に対して数カ月ぶりの高値を付けた。ただ、円の強さを背景に、日中高値水準からは伸び悩んだ。

  • ニューヨーク時間午後4時43分現在、ブルームバーグのドル・スポット指数はほぼ変わらず。一時は0.3%上げる場面もあった。このままいけば、週間ベースでは昨年8月以来の大幅上昇となる。ドルは幅広く上げたものの、NZドルと円に対しては下落
  • ドルは一時4カ月ぶり高値を更新した。主要10通貨の中では、ユーロが2017年5月以来の安値に下げたほか、NZドルと豪ドルは1月3日以来の安値を付けた
    • トルコ・リラは昨年10月15日以来の安値に下落。同国中銀も他の中銀に次いで緩和的な金融政策の仲間入りをした
  • 円は対ドルで2週間ぶり高値に上昇。先物でのフローが活発化し、ゴールデンウィーク(GW)を前にショートカバーが入ったことを示唆。日本銀行は「少なくとも2020年春ごろまで現在の極めて低い長短金利の水準を維持する」と表明したものの、材料視されなかった
  • ドルは対ユーロで0.2%高の1ユーロ=1.1133ドル。対円では0.5%安の1ドル=111円66銭

欧州時間の取引

  ブルームバーグ・ドル・スポット指数が3月終盤以降で最長の3日続伸。一時4カ月ぶりの高値を付けた。日本やカナダ、欧州の中央銀行がハト派的な姿勢を示唆したことが背景。
原題:Dollar Rises for a Third Day; Yen Also Advances: Inside G-10(抜粋)
Dollar Advances to Four-Month High; Krona Slumps: Inside G-10

◎米国株・国債・商品:S&P500小安い、ナスダック100は最高値

  25日の米株式市場ではS&P500種株価指数が小幅安。取引終了直前に上げを失った。決算発表を手掛かりに大型ハイテク株が上昇する一方、工業銘柄は下落した。米国債は反落。

  • 米国株はS&P500とダウ平均が下落、ナスダックは上昇
  • 米国債は反落、10年債利回り2.53%
  • NY原油は続落、ブレント75ドル台維持できず-テクニカルな売りで
  • NY金先物はほぼ横ばい、米GDP統計待ち

  マイクロソフトやフェイスブックの好決算を受け、ナスダック100指数は過去最高値を記録した。一方、3Mによる利益予想の下方修正や、ユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)の利益が会社予想を下回ったことが上値を抑え、S&P500種はほぼ変わらずで終えた。

  S&P500種株価指数は前日比0.1%未満安い2926.17。ダウ工業株30種平均は134.97ドル(0.5%)安の26462.08ドル。一方、ナスダック総合指数は0.2%上昇。ニューヨーク時間午後4時59分現在、米10年債利回りは1ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し2.53%。

  ニューヨーク原油先物相場は続落。バレル当たり66ドル台に乗せる場面もあったが、その水準は維持できなかった。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物6月限は68セント(1%)安の1バレル=65.21ドル。ロンドンICEの北海ブレント6月限は22セント下げて74.35ドル。昨年10月以来初めて75ドルを突破した後、テクニカルな売り圧力に押された。

  ニューヨーク金先物相場は横ばい。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月限は0.1%未満上昇し1オンス=1279.70ドルで終了。RJOフューチャーズのシニアマーケットストラテジスト、ボブ・ヘイバーコーン氏は電話で、投資家は金のポジションの組み方を考える手掛かりとして、翌日発表の米1-3月GDP(速報)を待っていると述べた。

  3月の米耐久財受注統計が堅調だったことなどを受け、米国債は小幅安。財務省が実施した7年債入札は最高落札利回りが2.426%となり、入札前取引での利回り(2.421%)を上回った。
原題:Tech Stocks Rally, Industrials Slump on Earnings: Markets Wrap(抜粋)
Treasury 7-Year Auction Tails Slightly in Worst Showing of Week
Brent Retreats After Hitting $75 for First Time Since October
PRECIOUS: Gold Holds Gain as Investors Weigh Shaky Global Growth

◎欧州債:イタリア債が下落、ドイツ債はほぼ変わらず-英国債堅調

  25日の欧州債市場でイタリア債が下落。S&Pは26日に同国格付けを見直す。ドイツ債はほぼ変わらず。フランス、準中核国債は軟調だった。

  • イタリア債利回りはベアスティープ化。10年債利回りは7週間ぶり高水準の2.70%をつけた
  • ドイツ債は変わらず。米国で発表された耐久財統計を受けて下げたが、下げ幅をほぼ埋めた
  • 英10年債はドイツ債を上回るパフォーマンスだった
  • ドイツ10年債利回りはマイナス0.01%で変わらず、フランス10年債利回りは2ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上げて0.37%、イタリア10年債利回りは6bp上昇の2.69%
  • ユーロ参加国の国債利回りとスプレッドの一覧はこちらをクリックしてください

原題:Italian Bonds Decline, Bunds Steady: End-of-Day, Curves, Spreads(抜粋)

(NY外為と米国株・国債・商品を更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE