コンテンツにスキップする

【米国株】S&P500小安い、ナスダック100は最高値

更新日時
  • S&P500は遅い時間に上げ失う、3MやUPSの決算が重し
  • 原油は下落、一時66ドル突破もテクニカルな売りに押される
New York's Financial District
Photographer: Chris Hondros/Hulton Archive
New York's Financial District
Photographer: Chris Hondros/Hulton Archive

25日の米株式市場ではS&P500種株価指数が小幅安。取引終了直前に上げを失った。決算発表を手掛かりに大型ハイテク株が上昇する一方、工業銘柄は下落した。米国債は反落。

  • 米国株はS&P500とダウ平均が下落、ナスダックは上昇
  • 米国債は反落、10年債利回り2.53%
  • NY原油は続落、ブレント75ドル台維持できず-テクニカルな売りで
  • NY金先物はほぼ横ばい、米GDP統計待ち

  マイクロソフトやフェイスブックの好決算を受け、ナスダック100指数は過去最高値を記録した。一方、3Mによる利益予想の下方修正や、ユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)の利益が会社予想を下回ったことが上値を抑え、S&P500種はほぼ変わらずで終えた。

  S&P500種株価指数は前日比0.1%未満安い2926.17。ダウ工業株30種平均は134.97ドル(0.5%)安の26462.08ドル。一方、ナスダック総合指数は0.2%上昇。ニューヨーク時間午後4時59分現在、米10年債利回りは1ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し2.53%。

  ニューヨーク原油先物相場は続落。バレル当たり66ドル台に乗せる場面もあったが、その水準は維持できなかった。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物6月限は68セント(1%)安の1バレル=65.21ドル。ロンドンICEの北海ブレント6月限は22セント下げて74.35ドル。昨年10月以来初めて75ドルを突破した後、テクニカルな売り圧力に押された。

  ニューヨーク金先物相場は横ばい。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月限は0.1%未満上昇し1オンス=1279.70ドルで終了。RJOフューチャーズのシニアマーケットストラテジスト、ボブ・ヘイバーコーン氏は電話で、投資家は金のポジションの組み方を考える手掛かりとして、翌日発表の米1-3月GDP(速報)を待っていると述べた。

Microsoft once again overtakes Apple as world's most valuable company

  3月の米耐久財受注統計が堅調だったことなどを受け、米国債は小幅安。財務省が実施した7年債入札は最高落札利回りが2.426%となり、入札前取引での利回り(2.421%)を上回った。

原題:Tech Stocks Rally, Industrials Slump on Earnings: Markets Wrap(抜粋)
Treasury 7-Year Auction Tails Slightly in Worst Showing of Week
Brent Retreats After Hitting $75 for First Time Since October
PRECIOUS: Gold Holds Gain as Investors Weigh Shaky Global Growth

(第6段落を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE