コンテンツにスキップする

米耐久財受注:3月はコア資本財が8カ月ぶり大幅増

更新日時

3月の米耐久財受注統計では、設備投資の先行指標となる航空機を除く非国防資本財(コア資本財)の受注が、8カ月ぶりの大幅増となった。全体の耐久財受注も市場予想を大きく上回る力強い伸びを示した。通商対立を巡る不透明感はあるものの、企業の投資が回復しつつあることが示唆された。商務省が25日に発表した。

キーポイント
  • 3月のコア資本財は前月比1.3%増
    • ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の全てを上回った。予想中央値は0.2%増
    • 前月は0.1%増(速報値0.1%減)に上方修正
  • 全体の耐久財受注は前月比2.7%増と、7カ月ぶりの大きな伸び
    • 市場予想は0.8%増
A proxy for U.S. business investment rose the most since July

米耐久財受注(航空機除く非国防資本財)

米商務省

インサイト

  • 耐久財受注の増加は、製造業者が堅調な需要を見込んでいることを示唆しており、1-3月(第1四半期)も引き続き底堅いペースの経済成長につながる可能性を示している
  • 全体の耐久財受注の増加は、民間と軍用双方の航空機需要の伸びがけん引。通信機器も2015年以来の大きな伸びを記録。別のデータによれば、ボーイングの航空機受注は3月に回復

 統計の詳細は表をご覧ください

原題:U.S. Business-Equipment Orders Rebound in Best Gain Since July(抜粋)
U.S. March Durable Goods Orders Rise 2.7%; Est. Up 0.8%

(詳細を追加して更新します)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE