コンテンツにスキップする

PIMCO正直氏:日銀は長期戦に備え現政策延命、追加緩和の壁高く

PIMCOジャパンの正直知哉アジア太平洋共同運用統括責任者は25日、日銀による政策金利のフォワードガイダンスの明確化が市場に与える影響はほとんどないとの見方を示した。

  • 市場は2020年春までに基本的に大きな政策変更はおそらくないと思っている
  • 今の政策をできるだけ長く使えるよう、現行の金融緩和の長期戦・持久戦に入りそのために備えた措置
  • 追加緩和へのハードルは高いが故に、細かい調整でできるだけ現行政策の寿命を延ばそうとしている
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE