コンテンツにスキップする

金委員長、この会談は生産的なものになる-ロ朝首脳会談始まる

更新日時
ロシアのプーチン大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長

ロシアのプーチン大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長

Photographer: YURI KADOBNOV/AFP
ロシアのプーチン大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長
Photographer: YURI KADOBNOV/AFP

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長はロシアのプーチン大統領に、核を巡る米国との交渉行き詰まりの打開に向け支援を要請した。初のロ朝首脳会談で、自身の見解をトランプ米大統領に伝えるよう依頼した。

  プーチン大統領は25日ウラジオストクでの3時間余りの会談後記者団に、「金委員長自ら、米国側に自身の立場を伝えてほしいとわれわれに求めた」と述べた。 「ここには秘密はない。米国側および、われわれのパートナーである中国と、この問題を協議する」と語った。プーチン大統領はこの日北京に向かう。

North Korean President Kim Jong Un in Russia

握手を交わす金委員長とプーチン大統領

撮影:Andrey Rudakov / Bloomberg

  ロシアはほぼ1年前に金委員長を招いたが、同委員長は2月にトランプ大統領との2回目の会談が決裂した後に招待を受け入れた。それ以来、米国との首脳会談で制裁解除の合意を引き出せなかった金委員長は、ポンペオ国務長官や韓国政府が自身のメッセージをトランプ大統領に正しく伝えていないと不満を示していた。

  金委員長はプーチン大統領と会談後のレセプションで、「北朝鮮とロシアとの友好関係の発展について、プーチン大統領と率直で有意義な対話を持った」と語った。

  プーチン大統領は金委員長を迎え、「南北間の対話を発展させ北朝鮮と米国の関係を正常化させるための取り組みを歓迎する」と語りかけた。両国とも会談内容の詳細を発表していないが、友好的なものだったもようだ。

  プーチン大統領は、完全な非核化を望む米国の立場を共有すると述べた上で、北朝鮮はその主権を守るために、恐らくは国際的な、安全保障と体制の保証を必要とするだろうと付け加えた。そのためには、ロシア、日本、中国、米国、韓国と北朝鮮朝鮮が参加する6カ国協議が有効かもしれないと述べた。

RUSSIA-NKOREA-DIPLOMACY

金委員長を乗せた車が駅を離れる

撮影:AFP via Getty Images

原題:Kim Jong Un Asks Putin to Play Go-Between as Trump Talks Sputter(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE