コンテンツにスキップする

東京とロンドン迂回で10分の1秒節約、シンガポールがFXの不利解消

  • UBSグループとシティグループは既にシンガポールにエンジン設置
  • アジア富裕層取り込みで英米との差を縮めたい考え

シンガポールは1秒足らずの時間短縮によって、外国為替取引をもっと自国市場に呼び込もうとしている。外為取引は世界で1日当たり5兆1000億ドル(約571兆円)規模に上る。

  シンガポールは外為市場の主要プレーヤーらに、東京やロンドンを経由することで発生する1秒未満の取引遅延を排除するシステムを国内で構築することを奨励している。シンガポール通貨庁(MAS、中央銀行に相当)の開発および国際業務担当アシスタントマネジングディレクターのベニー・チェイ氏は、国内の為替取引業界を拡大させる取り組みの一環だと言う。

  UBSグループとシティグループは既に、シンガポールに価格設定エンジンを設置。MASはノンバンクやマルチディーラープラットフォームを含めさらに6-8社の大手の参加を期待している。

relates to 東京とロンドン迂回で10分の1秒節約、シンガポールがFXの不利解消

ベニー・チェイ氏

Source: Monetary Authority Singapore

  「アジアの経済成長とアジアの富の増大というこの大きなマクロシフトが中期的に展開する中で、他の取引拠点との差を縮めるためシンガポールのエコシステムの効率を高めようとしている」とチェイ氏は話す。

  主要通貨から中国人民元などの新興市場通貨までさまざまな通貨を取引するハブとしてのシンガポールの魅力を高めるため、政府は補助金や税制上の優遇措置を提供している。

  シンガポールは既に、アジア最大の外為取引ハブだが、英国と米国には遠く及ばない。シンガポールは22兆ドルの資産を持つアジア富裕層を取り込むことで、この差を縮めようと図る。これらの投資家は株式と債券に代わる投資先として通貨にますます目を向けつつある。

Pecking Order

Average FX daily trading volume in Singapore is third-largest in the world

Source: Bank of International Settlements

Note: Data based on 2016 triennial central bank survey by BIS

  シンガポールにとって最大の問題は時間だ。東京かロンドン、ニューヨークのサーバーを経由することで10分の1秒、余分な時間がかかる。大半の大手銀行は伝統的にこの3拠点のいずれかに取引エンジンを置いてきた。ヘッジファンドや高頻度トレーダーなど大量に取引するプレーヤーを呼び込むためには、こうした高価なシステムとデータセンターをシンガポールに構築してもらう必要がある。

General Views Of Singapore As The City Prepares For The Trump-Kim Summit

シンガポールのビジネス街

Photographer: Nicky Loh/Bloomberg

  通貨取引プラットフォームを提供するスパーク・システムズは、MASの支援を得てシンガポールにシステムを構築した。同国で運営するプレーヤーが増え流動性の改善が進むのに伴い事業を拡大する計画だ。

原題:Singapore Takes Split-Second Chance to Be FX Hub for Rich (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE