コンテンツにスキップする

カーニー英中銀総裁の後任探しが正式に始動-海外人材に注目と財務相

  • ハモンド財務相が国際的な人材の必要性を強調
  • ラジャン元インド中銀総裁も後任候補の1人

英国はイングランド銀行(英中央銀行)のカーニー総裁の後任探しを正式に開始した。同中銀内部の上級幹部や海外の元中銀総裁の名前が候補として挙がっている。

  カナダ出身のカーニー総裁は外国人として初めて英中銀トップに就任した人物で、ハモンド英財務相は国際的に名高い後任を探す必要性を強調し、再び海外に目を向けることをいとわないと述べている。

  ハモンド財務相は24日に議会財務委員会で「欧州連合(EU)を離脱するにあたり、英国が国際的な場で重要な役割を引き続き果たすことが非常に大事だ。国内で一流の仕事をすることができ、国際的な舞台で尊敬を得る人材を起用することが極めて重要だ」と指摘。10月に指名を行う意向を示した。

  多くの人々の名前がこの役割に関連づけられているが、最も顕著なのはインド準備銀行(中銀)元総裁で現在はシカゴ大学教授を務めるラグラム・ラジャン氏。英中銀のベン・ブロードベント副総裁やデーブ・ラムズデン副総裁、金融行動監視機構(FCA)のアンドルー・ベイリー長官のほか、英中銀チーフエコノミスト、アンディ・ホールデン氏の名前も言及されている。

relates to カーニー英中銀総裁の後任探しが正式に始動-海外人材に注目と財務相

中銀総裁公募の案内

英財務省

原題:U.K. Starts Search for Carney Successor at Bank of England (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE