コンテンツにスキップする

韓国1-3月GDPは0.3%減-過去10年で最大のマイナス成長

  • 韓国総合株価指数と通貨ウォンは共に値下がり
  • GDP減少受け、文大統領の支持率がさらに低下する可能性

韓国経済は1-3月(第1四半期)に過去10年で最大のマイナス成長となった。投資の減少や、テクノロジー部門の低迷、輸出の減少が響いた。

  1ー3月期の国内総生産(GDP)速報値は前期比0.3%減。市場予想は0.3%増だった。文在寅大統領の雇用や所得拡大のための取り組みが奏功していないことから、同大統領の支持率はさらに低下する可能性がある。韓国株の指標である韓国総合株価指数は一時0.6%安。通貨ウォンは一時0.9%下げ、2017年3月以来の安値を付けた。

Exports account for about half of South Korea's GDP
  • GDPは前年同期比では1.8%増。市場予想は2.4%増
  • 設備投資は前期比11%減と、21年ぶりの大幅な落ち込みとなった。前期は4.4%増だった
  • 輸出は数量ベースで前期比2.6%減

原題:South Korea Economy Shrinks Most Since 2008 as Investment Slows(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE