コンテンツにスキップする

メイ首相に退陣ロードマップ要求-離脱案の成否に関わらず

  • 新たな信任投票を容易にする与党内のルール変更は見送られた
  • 日程とスケジュールをはっきりさせるよう求めたとブレイディ氏

メイ英首相の早期退陣を促すため、保守党党首としての資質を問う新たな信任投票実施を容易にする与党内のルール変更は見送られた。しかし、現職議員で構成する保守党議員委員会(1922年委員会)は、退陣に向けた「明確なロードマップ(行程表)」を示すよう首相に強く要求した。

Brexit to Be Delayed to End of October As Macron Plays Hardball

メイ英首相

写真家:Jasper Juinen / Bloomberg

  保守党議員委のブレイディ委員長は24日の会合後記者団に対し、「首相退陣の日程とスケジュールをはっきりさせるようわれわれは求めた。欧州連合(EU)離脱協定案が議会を通過する場合について首相は既にそれを示した。そうならないケースについても同じような明快さを得たい」と語った。

  EU離脱を巡る妥協案づくりに向け最大野党・労働党と協議を続けるメイ首相にとって、信任投票のルール変更を見送る保守党議員委の決定は、一息つく時間を与えるものだ。

1922 Committee Chairman Graham Brady And Members Of The Cabinet Leave Downing Street

保守党議員委のブレイディ委員長

写真家:Dan Kitwood / Getty Images

  5月23-26日に実施される欧州議会選挙に英国が参加する事態になれば、2016年の国民投票で示されたEU離脱の民意を実現できていない現状が際立ち、保守党にとって好ましくない。このため、メイ首相は5月22日までに離脱案の承認手続きを終えようと躍起になっている。

  労働党との話し合いは3週間にわたって続けられているが、成果を生む兆しは見えない。メイ首相は、下院で3度否決された離脱協定案自体を議会に再提出するのでなく、離脱協定を国内法として法制化するための法案を上程するという賭けに出ることを検討しているもようだ。

原題:U.K.’s May Urged by Her Party to Give Clear Roadmap for Quitting(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE