コンテンツにスキップする

カナダ中銀、声明から利上げバイアス消える-4回連続で金利据え置き

カナダ銀行(中央銀行)は24日、政策金利である翌日物貸出金利を1.75%で据え置いた。景気減速を背景に、同銀の声明からは利上げバイアスが完全に消え、米連邦準備当局をはじめとする世界の主要中銀と金融政策の足並みをそろえた。

  カナダ中銀が金利据え置きを決定したのは、4会合連続。同銀が政策金利決定後に発表する声明では、2017年末以降は毎回、将来の利上げに関する記述があった。

  ポロズ総裁率いる政策委員会は、「緩和的な政策金利がなお正当化されると判断した」と声明で表明。「最新のデータに基づき、金融政策の適切な緩和の度合いを引き続き見極めていく」とした。

原題:Bank of Canada Abandons Rate-Hike Bias Amid Economic Slowdown(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE