コンテンツにスキップする

4月24日の海外株式・債券・為替・商品市場

更新日時

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次の通り。

◎NY外為:ドル指数が年初来の高値更新、ユーロや加ドルは下落

  24日のニューヨーク外国為替市場では、ドルと逃避通貨が幅広く上昇。世界的に低調な経済指標の発表が相次ぐ中、複数の主要通貨が数カ月の取引レンジをブレークした。

  • ニューヨーク時間午後5時ちょうど現在、ブルームバーグのドル・スポット指数は0.5%上昇。一時は0.7%高と、昨年8月以来の大幅上昇となり、4カ月ぶりの高値を付けた。ドルは円とユーロに対して年初来の高値を付け、対主要通貨で全面高。円とスイス・フランも広範に値上がり
  • カナダ・ドルは1月3日以来の安値を付けた。加中銀の声明から利上げバイアスが完全に消えたことが背景。ユーロは2017年6月以来の安値に下落。ドイツのIfo企業景況感指数が弱かったことに反応した
  • 豪ドルも安い。オーストラリアのインフレ指標が市場予想を下回った
  • 米国債はブルフラット化し、10年債利回りは5ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の2.52%
  • ドルが数カ月ぶりの高値となっていることから、株式や商品にとって向かい風に
  • フランや円などの逃避通貨は取引終盤に下げ渋ったものの、パフォーマンスはドルを下回った
  • ドルは対ユーロで0.7%高の1ユーロ=1.1153ドル。対円では0.3%高の1ドル=112円20銭。米ドルは対加ドルで0.6%高

欧州時間の取引

  4月の独企業景況感指数が予想外に悪化したことから、ユーロが1.12ドルを割り込んだ。豪ドルは2カ月ぶりの大幅安。インフレ指標が予想に届かなかった。
原題:Dollar Reaches 2019 Peak as Euro, Loonie Stumble: Inside G-10(抜粋)
Euro Weighed by German Data, Aussie Leads Losses: Inside G-10

◎米国株・国債・商品:株が小反落、決算や指標見極め-国債は続伸

  24日の米株式相場は小反落。企業決算や経済指標を見極める展開となった。米国債は世界的な債券高の流れに沿って上昇した。

  • 米国株は小反落、上げが一服-AT&Tとキャタピラーが下落
  • 米国債は大幅続伸、10年債利回り2.52%に低下
  • NY原油は反落、米在庫の急増で相場上昇止まる
  • NY金は反発、カナダ国債市場で逆イールド発生

  この日はAT&Tやキャタピラーが1-3月(第1四半期)決算発表後に下落。ボーイングは値上がりした。前日に主要株価指数の一部が史上最高値を更新したことを受け、上げが一服した。これまでに決算発表を済ませたS&P500種株価指数の構成企業の約8割において決算が予想を上回ったが、一部は相場上昇の持続性を疑問視し始めている。

  S&P500種株価指数は前日比0.2%安の2927.25。ダウ工業株30種平均は59.34ドル(0.2%)下げて26597.05ドル。ナスダック総合指数は0.2%低下。ニューヨーク時間午後4時51分現在、米10年債利回りが5ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下し2.52%。

  ニューヨーク原油先物相場は反落。米エネルギー情報局(EIA)が発表した週間統計では原油在庫が予想を上回り、世界の需給がこれまで考えられたほど引き締まっていないことを示唆した。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物6月限は41セント(0.6%)安の1バレル=65.89ドル。ロンドンICEの北海ブレント6月限は6セント上げて74.57ドル。

  ニューヨーク金先物相場は反発。一時はドル高が金の上値を抑えていたが、カナダ中銀が将来の利上げについての言及を声明から削除、カナダ国債が逆イールドになったため、金が押し上げられた。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月限は0.5%高の1オンス=1279.40ドル。

  USバンク・ウェルス・マネジメントの債券調査担当責任者、ビル・マーツ氏は「発表された決算は概して予想をやや上回っている。だが世界各地の経済指標には確かに弱さが認められる。海外における底入れの兆候は多少あるが、成長減速の兆候も十分にある」と語った。

  ドルが年初来高値に達し、米経済が相対的に堅調なことを浮き彫りにする中、米国債は大半の先進国における債券高の流れに沿って上げ幅を拡大。2年債と10年債の利回り差は200日移動平均線を試す場面があった。
原題:U.S. Equities Slip From Record as Dollar Rallies: Markets Wrap(抜粋)
Treasuries Swept Higher Amid Global Government Bond Rally
Oil Rally Hits a Wall After Surprise Supply Surge in America
PRECIOUS: Gold Rebounds as Canada Spurs Yield Curve Inversion

◎欧州債:ユーロ圏国債が上昇、イタリアやドイツがけん引

  24日の欧州債市場では、ドイツ債を中心にユーロ圏国債が上昇した。ドイツ企業景況感指数の悪化や株価下落、カナダ中銀が将来の利上げについての言及を声明から削除したことが手がかりとなった

  • 中核国債が準中核国債を上回るパフォーマンスとなり、ドイツ債が上げをけん引した。10年債利回りは4月12日以降で初めてマイナス圏に転落
  • イタリア債も上昇。サルビーニ副首相は連立政権内の不和を懸念する必要はないと主張
  • ドイツ10年債利回りは6ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)下げてマイナス0.01%、フランス10年債利回りは5bp下げて0.35%、イタリア10年債利回りは5bp低下の2.63%
  • ユーロ参加国の国債利回りとスプレッドの一覧はこちらをクリックしてください

原題:Bunds, Italian Bonds Lead EGB Gains: End-of-Day, Curves, Spreads(抜粋)

(NY外為と米国株・国債・商品を更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE