コンテンツにスキップする

AT&T:1-3月の加入者減少、予想より大幅-債務削減に注力

米通信サービス大手のAT&Tは1-3月(第1四半期)、携帯電話とテレビの加入者の減少幅が市場予想よりも大きかった。同社はタイム・ワーナー買収に伴う負債の縮小に注力している。

  • 携帯電話サービスの加入者は20万4000人の純減(アナリスト予想は5万人減)となった。タブレット端末の顧客流出が主な原因だった。テレビの顧客は62万7000人減った。アナリスト予想は38万9000人減。総売上高は市場予想を下回ったが、1株当たり利益は予測と一致
  • AT&Tは加入者の増加よりもバランスシートの改善を目指しており、月間の電話およびテレビの顧客が生み出すキャッシュフローが長期的には配当や自社株買いにつながることを考えれば、この戦略にはリスクがある
  • 従来の有料テレビからネットフリックスのようなストリーミングサービスに流れる顧客が増える中、AT&Tは昨年、850億ドルを費やしてタイム・ワーナーを買収し、必見のコンテンツを入手した。しかし現在は債務縮小に注力し、メディア資産に投資できる態勢を整えている。3月期末の純負債は1690億ドルと、タイム・ワーナー買収完了時の1800億ドルから縮小
  • AT&Tは1-3月期に純負債を23億ドル削減したと発表した。債務を圧縮するため、オンライン動画配信サービスを手掛ける米Hulu(フールー)の株式を売却し、ニューヨークのマンハッタン西部ハドソンヤードにあるオフィスビルの持ち分も売却した
  • 24日の米株式市場でAT&T株は前日比4%を超える下げ。過去1年では前日までで8%下げている。一方、S&P500種株価指数は9.9%高。
AT&T has underperformed the S&P 500 in past three years

原題:AT&T Loses More Subscribers as It Focuses on Cutting Debt (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE