コンテンツにスキップする

北朝鮮の金委員長がウラジオストクに到着、プーチン大統領と初会談

  • 金委員長、トランプ氏との会談物別れでロシアに支援期待
  • ロシアが制裁違反につながるような動きを取る可能性は低い

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が24日、ロシア極東のウラジオストクに専用列車で到着した。トランプ米大統領との首脳会談が物別れに終わった金委員長は、ロシアのプーチン大統領との初会談に臨む。

  ベトナムのハノイで行われた2度目の米朝首脳会談では、北朝鮮が要求していた国際的な経済制裁の緩和は実現しなかった。金委員長は今回、プーチン大統領との会談を通じて北朝鮮が支援を頼れる別の国があることを示す狙いがあったとみられる。

TOPSHOT-RUSSIA-NKOREA-DIPLOMACY

儀仗兵を閲兵する金委員長(ウラジオストク 24日)

Photo by Kirill KUDRYAVTSEV / AFP

  ロシアには資金的な余裕はほぼなく、制裁違反や米国との新たな対立を生むような行動を取る可能性は低い。北朝鮮に対する外交および経済面での支援表明で終わる可能性もある。ウシャコフ大統領補佐官(外交政策担当)によると、両首脳は共同声明を発表する予定はなく、文書に署名する意向もない。

  国営ベスチTVは金委員長とのインタビューを引用し、プーチン大統領との首脳会談は「協力に向けた建設的な話し合いの第一歩だ」と同委員長が述べたと伝えた。

原題:Kim Jong Un Arrives in Russia Seeking Putin’s Help With Trump(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE