コンテンツにスキップする

ゴールドマン、中国証監会に支払いへ-罰金に代わるルール適用

  • ゴールドマンは約25億円の一部支払いに応じる
  • 中国は問題決着に向けた交渉を認める試験的ルールを2015年に導入

ゴールドマン・サックス・グループは中国合弁相手である北京高華証券との関係を問題視していた証券監督管理委員会(証監会)に問題解決のため2200万ドル(約25億円)の一部を支払うことで合意した。中国は単に罰金を科す代わりに問題決着に向けた交渉を認める試験的ルールを2015年に導入しており、最初の適用例となる。

  証監会はゴールドマンのアジア部門によるトレーディング事業での北京高華との関係に絡んで是正を求めていた。証監会が23日遅く発表した声明によれば、両社の従業員は内部管理を強化することで合意した。

  ゴールドマンと北京高華を代表する担当者は「問題を解決できうれしく思う」とコメントした。

  証監会によると、ゴールドマンのアジア部門で働いていた複数のトレーダーが13年10月から15年7月までの間に同部門が北京高華に持っていた口座で取引を実行し、北京高華のスタッフに「ビジネスガイダンス」を提供していた。

原題:Goldman Agrees to $22 Million Settlement With China Watchdog (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE