コンテンツにスキップする

クレディ・スイス、助言部門が1-3月の弱点-予想以上の赤字

クレディ・スイス・グループの1-3月(第1四半期)決算では、助言部門が予想以上の赤字となった。

  24日の発表によると、インベストメント・バンキング・キャピタル・マーケッツ(IBCM)部門の税引き前損失は9100万ドル(約102億円)。予想は約1000万ドルの赤字だった。純収入は3分の1余り減少し、同行は市場活動の低迷が理由と説明した。

  M&A(企業の合併・買収)助言や債券および株式の引き受け、デリバティブ(金融派生商品)取引などのサービスを提供するIBCM部門では助言業務とともに引き受け業務も大幅に減少した。

  株式引き受けによる手数料収入はほぼ半減。債券引き受けは3分の1余り減った。

備考:クレディ・スイス、主要トレーディング部門の1-3月期は黒字

原題:Credit Suisse Advisory Unit Is Weak Spot With $91 Million Loss(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE