コンテンツにスキップする

クレディ・スイス、主要トレーディング部門の1-3月期は黒字

  • 4-6月期について「慎重ながら楽観的」とコメント
  • 債券トレーディング収入は約4%増、株式は0.7%増

スイスの銀行2位、クレディ・スイス・グループの1-3月(第1四半期)は、主要トレーディング部門で損益が黒字に転じた。前2四半期は赤字だった。国内同業のUBSグループは同四半期について、最近では最悪の環境の1つだったとしているものの、クレディ・スイスへの影響は比較的軽微だった。

  主要トレーディング部門の税引き前利益は2億8200万スイス・フラン(約310億円)と、クレディ・スイスがまとめたアナリスト予想の1億7000万フランを上回った。同行は顧客の信頼感が回復し3月の前向きな勢いが4月に入っても続いていることを挙げ、4-6月(第2四半期)について「慎重ながら楽観的」だとコメントした。

ティージャン・ティアムCEO

Source: Bloomberg)

  債券トレーディングからの収入は前年同期比で約4%増加、株式トレーディングは0.7%増えた。クレディ・スイスのトレーディング収入の約60%は債券からで、1-3月期は債券が株式よりも好調だった。

  ウェルスマネジメント部門の顧客資産は1-3月期に96億フランの純増となった。

  • 1-3月期の純収入は53億9000万フラン(予想51億4000万フラン)
  • 純利益は7億4900万フラン(同7億1720万フラン)
  • インターナショナル・ウェルス・マネジメント部門の税引き前利益は5億2300万フラン(同4億3800万フラン)

原題:Credit Suisse Trading Swings Back to Profit in Boost for Thiam(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE