コンテンツにスキップする

独SAP、通期営業利益見通し上方修正-再編プログラム始動

  • 2019年の営業利益は78億5000万-80億5000万ユーロを見込む
  • 1-3月の新たなクラウドサービス予約は前年同期比26%増

欧州最大のソフトウエア企業、ドイツのSAPは、通期の営業利益見通しを上方修正した。クラウド事業の力強い成長に支えられ、大規模な事業再編プログラムを進める。

  24日の発表によると、2019年の営業利益は非国際会計基準(IFRS)ベースで78億5000万-80億5000万ユーロ(約9850億-1兆100億円)を見込む。従来は77億-80億ユーロとしていた。

  1-3月(第1四半期)の新たなクラウドサービス予約は為替変動を除いたベースで前年同期比26%増と、昨年10-12月期から加速した。

  同社はまた、業務改善、価値創造を加速させる新たな取り組みの計画について11月に投資家とアナリストに説明する方針も示した。

  クラウドの売り上げ増が寄与し、第1四半期の売上高は61億ユーロとなった。

原題:SAP Increases Operating Profit Outlook as Restructuring Begins(抜粋)
*SAP SEES FY NON-IFRS OP PROFIT EU7.85B-EU8.05B, SAW EU7.7B-EU8B

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE