コンテンツにスキップする

トランプ大統領、ツイッターCEOと会見-フォロワー減に不満表明後

  • ソーシャルメディアの「差別的」慣行巡り、議会の行動促す
  • 23日朝の時点でトランプ氏のフォロワー数は5990万人

トランプ米大統領は23日、ホワイトハウスで米ツイッターのジャック・ドーシー最高経営責任者(CEO)と会談した。大統領は同日、議会はソーシャルメディア企業による「差別的」慣行との闘いに「関与」すべきだとツイートしていた。

  トランプ氏はツイッター投稿で、ドーシー氏と「素晴らしい話し合い」を行ったことを明らかにし、「開かれた対話」を続けたいとコメント。一方、ドーシー氏は「ツイッターは民衆の対話全体に寄与するためにあり、それをより健全かつ秩序だったものにすることを目指している」と返信した。

Inside The 2019 Consumer Electronics Show

ジャック・ドーシー氏

撮影:David Paul Morris /ブルームバーグ

  トランプ氏は同日早い段階での一連の投稿で、ツイッターが自身を「共和党員として良く扱っていない」と批判したほか、同社が政治ゲームをしていなければ、自分のフォロワー数は「はるかに多かっただろう」と指摘。「議会が関与したがるのも当然で、そうすべきだ」とつぶやいた。

  23日朝の時点で、トランプ氏のツイッターのフォロワー数は5990万人と、オバマ前大統領のほか、歌手のケイティ・ペリーやテイラー・スウィフトらを下回る13位。トランプ氏はツイッターが昨年打ち出した疑わしいアカウントを削除する取り組みで多くのフォロワーを失い、これまで何度も不満を表明していた。

  ブルームバーグ・ニュースの親会社ブルームバーグ・エル・ピーは、ツイッター向けにニュース速報「TicToc」を制作・配信している。

原題:Trump Meets Twitter’s Dorsey After Fuming Over ‘Political Games’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE