コンテンツにスキップする
Photographer: SeongJoon Cho/Bloomberg

サムスン、半導体事業に約13兆円投資へ-2030年まで

  • 今年だけで100億-110億ドルを設備投資に充てるTSMCに対抗
  • 非メモリー半導体市場は2017年に2900億ドルに拡大-ガートナー
Samsung Electronics Co. Double-Data-Rate (DDR) memory modules are arranged for a photograph in Seoul, South Korea, on Friday, April 5, 2019. Samsung reported its worst operating-profit drop in more than four years, buffeted by falling memory-chip prices and slowing smartphone sales.
Photographer: SeongJoon Cho/Bloomberg

韓国のサムスン電子は、2030年までに半導体事業に133兆ウォン(約13兆円)を投資する計画を明らかにした。メモリーチップ市場をリードする同社は、ロジック半導体分野でも主導権を握ることを目指す。
 
  調査会社ガートナーによれば、非メモリー半導体市場は2017年に2900億ドル(約32兆4300億円)規模に拡大。メモリー市場の規模は1300億ドルだった。ライバルの台湾積体電路製造(TSMC)は19年だけで100億-110億ドルを設備投資に充てる用意があり、サムスンもこれに対抗する。

原題:Samsung Plans $116 Billion Investment In Chips to Take On Intel、Samsung Preps $116 Billion Splurge on Chips to Take on Intel (2) (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE