コンテンツにスキップする

ハズブロ株急伸、売上高が2%増と6四半期ぶりにプラスに

  • トイザラス清算の影響を乗り切り、予定を上回る回復見せる
  • 23日終値は14%高、1996年1月以来の大幅上昇

米玩具メーカー、ハズブロの1-3月(第1四半期)決算は売上高が2%増と、6四半期ぶりにプラスとなり、アナリスト予想を11%上回った。トイザラスの米国事業清算の影響から回復した。ハズブロはわずか2カ月前には1-3月決算は振るわないとの見通しを示していた。

  1-3月の1株損益は21セントの黒字。市場予想は赤字だった。ハズブロ株の23日終値は14%高の100.65ドル。1996年1月以来の大幅上昇となった。一時17%高を付けていた。

  ハズブロのブライアン・ゴールドナー最高経営責任者(CEO)は昨年を通じ、19年は黒字成長に回復するだろうと述べ、投資家の懸念を和らげようとしてきた。しかし、約1年前に始まったトイザラスの清算がハズブロの利益を圧迫し、同社の株価は昨年1年で10%強下落した。

  現在、ハズブロは予想を上回る回復ぶりを見せている。ゴールドナーCEOは23日のアナリストでの電話会議で、食料雑貨店やドラッグストアなど従来玩具を扱っていなかった小売店からの受注を増やすことができたと説明。「トランスフォーマーズ」「モノポリー」「プレイ・ドー」などのフランチャイズブランドもプラス成長に回復した。

原題:Hasbro Jumps Most Since 2001 as Recovery Comes Ahead of Schedule(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE