コンテンツにスキップする

CAR-T細胞療法向けの給付引き上げ提案-米メディケア責任者

  • 新しい医療技術向け給付を加速させる幅広い取り組みの一環
  • 先行のギリアドとノバルティス、低い給付水準が販売の足かせに

米政府はCAR-T細胞(キメラ抗原受容体T細胞)療法向けの給付の引き上げを提案している。米厚生省のメディケア・メディケイド・サービスセンター(CMS)のトップが明らかにした。

  CMSのシーマ・バーマ氏は記者団との電話会議で、新しい医療技術向けの政府給付を加速させる幅広い取り組みの一環として23日にこうした案を提示したと説明した。

  CAR-T細胞療法は標準的な医薬品では効果がない白血病やリンパ腫治療の新しい重要な選択肢と考えられている。ただ低い給付水準が販売の足かせとなっており、こうした新薬をいち早く投入したギリアド・サイエンシズノバルティスは不満を抱いている。

  両社の製品は若年性急性リンパ芽球性白血病(pALL)やびまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)の治療で承認を受けているが、利用拡大に苦戦している。ノバルティスの「キムリア」のコストはpALL向けで47万5000ドル(約5300万円)、キムリアとギリアドの「イエスカルタ 」はDLBCL向けで共に37万3000ドル。両社の株価は通常取引後の時間外取引でほぼ変わらず。

  CAR-T療法の医薬品開発を手掛ける企業は他に、ブリストル・マイヤーズスクイブに身売りする予定のセルジーンや、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)などがある。

原題:Medicare Proposes Boosting Payments for CAR-T Cancer Therapy (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE