コンテンツにスキップする

ロッキード株急伸、19年業績予想を引き上げ-F35増産などで

  • 好調な兵器販売で受注残が増えていることも利益を押し上げ
  • 今年のフリーキャッシュフローは53億ドルになる見込み

米国防関連企業ロッキード・マーティンは2019年の利益・売上高予想を引き上げた。次世代ステルス戦闘機「F35」の増産や、好調な兵器販売で受注残が増えていることが利益を押し上げている。23日の株価終値は5.7%高と急伸した。

  • ロッキードの発表資料によれば、19年通期の1株利益見通しの下限は20.05ドルと、従来予想の上限を上回った。ブルームバーグ集計データによると、アナリスト予想の平均は19.60ドル
  • ロッキードはサウジアラビアへの24億ドルのミサイル防衛関連販売をようやくまとめ、受注残は昨年末から30億ドル増え、過去最大の1335億ドルとなった。 ブルームバーグ・インテリジェンスのアナリスト、ダグラス・ロータッカー氏によると、新規受注が成長を後押しする見込みで、今年のフリーキャッシュフローは53億ドルになると予想される
  • F35の生産・修理も利益を押し上げており、同社航空部門の売り上げは27%増えた

原題:Lockheed Jumps as F-35 Deliveries Spur Brighter 2019 Outlook (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE