コンテンツにスキップする

ハーレー1~3月調整後利益、予想上回る-トランプ大統領はEU批判

  • EU関税は「極めて不当」、報復すると大統領はツイート
  • 関税などのコスト除いた1株利益98セント、市場予想85セント

米オートバイメーカー、ハーレーダビッドソンの1-3月(第1四半期)の調整後利益は市場予想を上回った。トランプ大統領はツイッター投稿で欧州連合(EU)の関税は「極めて不当」だとし、報復すると言明した。

  ハーレーの調整後純利益は前年同期比26%減となったものの、減益率はアナリストらの予想よりも小さかった。再編や関税などのコストを除いた利益は1株当たり98セント。アナリスト予想の平均は85セントだった。

  ハーレーは昨年、EUの報復関税への対応として一部の製造拠点を米国外に移転させる計画を示し、トランプ大統領から批判を浴びていた。EUはトランプ政権の鉄鋼・アルミニウム関税への報復として、米国で製造されたオートバイへの関税を31%に引き上げた。

  トランプ大統領はハーレー決算発表後のツイートで、「ハーレーは現在31%のEUの関税に苦しんでいる。この関税の一部を相殺するため、ハーレーは製造拠点を海外に移転せざるを得なかった。EUの関税率は2021年6月には66%に引き上げられる。米国に対し、非常に不当だ。われわれは報復する!」と述べた。

  ハーレーの23日の株価終値は2%安の38.92ドル。

原題:Harley Weathers Tariffs, and Trump Turns Twitter Fire Against EU(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE