コンテンツにスキップする

米ベライゾン:1-3月は契約者の伸びが予想下回る-株価下落

米通信大手、ベライゾン・コミュニケーションズの1-3月(第1四半期)決算では、契約者数の伸びが市場予想を下回った。電話とタブレット端末で顧客が減少した。

  ワイヤレスサービスの契約者数は6万1000人の純増。電話では4万4000人減ったものの、ホットスポットや他の接続機器で増加した。ただ純増数はアナリスト予想(20万7000人)を大きく下回った。23日の米株式市場でベライゾン株は一時3.6%安となった。

インサイト

  • TモバイルUSやAT&Tといった競合他社と異なり、ベライゾンは第1四半期に値下げや電話の無料提供といった販促活動をあまり積極的に行わなかった
  • 第1四半期は契約者数の伸びが市場予想を下回ったものの、利益は予想を上回った。同社は通期の利益予想を引き上げた
  • ハンス・ベストベリ最高経営責任者(CEO)はメディアなどの分野への投資を縮小し、特に第5世代移動通信システム(5G)に向けた通信網の拡大に注力している

詳細

  • 第1四半期の利益は一部項目を除いたベースで1株当たり1.20ドル。アナリスト予想は同1.17ドル。売上高は市場予想と一致
  • 通期の一部項目を除く1株利益は1桁台前半の伸び率を予想。従来は伸び率ゼロを見込んでいた

原題:Verizon Trips on Subscriber Miss Just as It Starts 5G Service(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE