コンテンツにスキップする

貿易巡るイベントリスクにヘッジで対応を-モルガン・スタンレー

  • ボラティリティーやユーロ・円相場でのヘッジ推奨
  • 資産配分変更よりヘッジの活用が適切-ストラテジスト

モルガン・スタンレーは、貿易を巡る幾つかのイベントリスクの影響を、ヘッジを使って和らげることを勧めている。

  株価上昇と米金融当局のハト派シフトで貿易に関する不安の大半は過去のものになったように思える。しかし、米中協議は継続中であり、米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)の承認プロセスが始まり、米国が自動車関税の導入を検討している中で、貿易リスクが完全にゼロになったとは言えない。

  モルガン・スタンレーのストラテジストらは、「このようなイベントリスクに対応するには、資産配分の大規模な変更よりヘッジの活用が適切だ」と指摘。「マイナスの結果は中国とUSMCAについては可能性は小さく、自動車に関しては影響が大きいものの短期的だ」と説明した。

  ストラテジストのアンドルー・シーツ、セレナ・タン両氏は、自動車関税実施の可能性に備えて S&P 500種株価指数とユーロ・ストックス50種のボラティリティーの差に注目したヘッジを推奨。また、シーナ・シャー氏は、オプションを使ったユーロ・円のショートを勧めている。

The VStoxx is currently lower than VIX

  メキシコ通貨建て資産を保有している投資家にはUSMCA批准に関する不透明についてドル・メキシコペソ相場に基づくヘッジをアンドレス・ハイメ氏が推奨。ペソのロングポジションは「伸び切っている」ようだと指摘した。

原題:Morgan Stanley Pinpoints Hedges for Potential Trade Turmoil (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE