コンテンツにスキップする
Photographer: Ali Mohammadi/Bloomberg

原油価格の上昇続く-米のイラン産原油全面禁輸受け

  • 米国はイラン産原油禁輸の適用除外を5月2日に打ち切ると発表
  • ブレントは一時0.6%高-22日は昨年10月以来の高値で終了
Workers cross a walkway between zones aboard an offshore oil platform in the Persian Gulf's Salman Oil Field, operated by the National Iranian Offshore Oil Co., near Lavan island, Iran, on Thursday, Jan. 5. 2017. Nov. 5 is the day when sweeping U.S. sanctions on Iran’s energy and banking sectors go back into effect after Trump’s decision in May to walk away from the six-nation deal with Iran that suspended them.
Photographer: Ali Mohammadi/Bloomberg

原油相場はアジア時間23日の取引で引き続き上昇。米国がイラン産原油禁輸の適用除外を5月2日に打ち切ると発表したことを受け、22日に6カ月ぶりの高値を付けていた。

Trump's surprise decisions have upended oil markets

   ロンドンICEの北海ブレント6月限は一時46セント(0.6%) 高の1バレル=74.50ドルを付けた後、シンガポール時間午前11時10分(日本時間午後0時10分)現在は74.34ドル。22日には2.07ドル高の74.04ドルと、昨年10月31日以来の高値で取引を終了した。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)原油先物6月限は一時40セント高のバレル当たり65.95ドルを付けた後、65.89ドルで取引されている。

原題:Oil Extends Rally as U.S. Ends Waivers Allowing Iranian Imports(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE