コンテンツにスキップする

米中通商合意なら穀物などのコンテナ輸送増加-ONEニクソン氏

  • より永続的な合意なら米農産品などの対中輸出は再活発化する
  • ONEは川崎汽船と商船三井、日本郵船が設立したコンテナ船会社

米中が貿易戦争を終結させる合意に至れば、穀物や小麦、大豆のコンテナ輸送が増加するとの見通しを、日本最大のコンテナ船会社が示した。

  オーシャン・ネットワーク・エクスプレス(ONE)のジェレミー・ニクソン最高経営責任者(CEO)は、農産品は通常、ばら積み船で大量輸送されるが、比較的少量を効率よく運べる上に貯蔵施設が不要なコンテナ船の利用が増える傾向が見られると述べた。同社は川崎汽船と商船三井、日本郵船の3社が2017年に設立した定期コンテナ船事業会社。

  ニクソン氏は今月16日にシンガポールでインタビューに応じ、「関税を巡る状況が打開されれば、米産品の対中輸出の繰り延べ需要があるだろう」と発言。より永続的な合意が結ばれれば、「農産品を中心に米産品の対中輸出は再び活発化」し得ると指摘した。

原題:Trump-China Trade Deal Seen Boosting Grain Container Shipments

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE