コンテンツにスキップする

米民主党の大統領候補ウォーレン議員、学生ローン債務減免を提案

  • 最大の経済的負担の1つを緩和すると若年層の有権者にアピール
  • 世帯収入10万ドル以下の人の学生ローン債務を最大5万ドル減免

米民主党の大統領候補の1人、エリザベス・ウォーレン上院議員は、富裕税導入による税収で推定4200万人の学生ローン債務を減免する案を提示した。若年層の有権者を対象に、その最大の経済的負担の1つを緩和するとアピールする狙いだ。

  同案は、世帯収入が10万ドル(約1100万円)以下の人の学生ローン債務を最大5万ドル減免するほか、収入が25万ドル未満の人の債務も一部帳消しにする内容。世帯収入が10万ドルを超えると、超過額の3分の1が最大減免額の5万ドルから減らされる。世帯収入2500万ドルちょうどで減免がゼロになる。

原題:Warren Proposes Scrapping Student Debt for Millions in 2020 Plan(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE