コンテンツにスキップする

ズーム株続伸、上場初日の勢い続く-アナリストの弱気な見方響かず

  • 株価は一時11%上昇、上場初日の18日は72%高で終了
  • サミットは投資判断「売り」、目標株価45ドルでカバレッジ開始
Eric Yuan
Eric Yuan Photographer: Michael Nagle/Bloomberg
Eric Yuan
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

22日の米株式市場で、テレビ会議サービスの米ズーム・ビデオ・コミュニケーションズの株価が上昇。アナリストから初めて弱気な見方が示されたにもかかわらず、上場初日の18日に急伸した勢いを維持した。

  株価は6%高で終了。早い段階でいったん3.3%下げたが、一時11%上昇する場面もあった。

The stock looked past its first analyst sell rating

  サミット・インサイツ・グループはズーム株のカバレッジを開始し、投資判断を「売り」、目標株価は45ドルとした。ブルームバーグのデータによれば、同銘柄をカバーするのはこれで3社目で、最初の2社はいずれも投資判断「買い」を付与していた。

  サミットのアナリスト、ジョナサン・キース氏は顧客向けリポートで、「増収率の急激な失速」を予想し、株価上昇はそれほど長く続かないかもしれないと指摘。72%高で引けた上場初日の取引動向について、「狂乱状態」の中で値上がりしたと分析した。

原題:Zoom Shrugs Off First Bear Call as Shares Extend Rally (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE