コンテンツにスキップする

米資産運用会社フランクリン、最大5%の人員削減を計画-経費削減で

  • 資金流出が続く中、最低7500万ドルの節減目指す
  • 4月26日の決算発表後にさらに詳細な情報を提供へ-CEO

米資産運用会社フランクリン・リソーシズは最大5%の人員を削減する計画だ。資金流出が続く中、最低7500万ドル(約84億円)の節減を目指す。

  フランクリンは勤続10年以上で50歳以上の米国の社員を対象に早期退職の募集を開始したと、1月29日のスタッフ宛てのメモで説明していた。このメモについてはこれまで報道されていなかった。応募期限は3月25日だった。同社の昨年9月末時点の従業員数は9691人。

  フランクリンの広報担当者はメモの内容が事実であることを認めたが、それ以上のコメントは控えた。

  同社が人員削減計画を明らかにした翌日、グレッグ・ジョンソン最高経営責任者(CEO)は決算の電話会議で今後のコスト削減に言及。4月26日の決算発表後にさらに詳細な情報を提供すると説明していた。

原題:Franklin Plans to Cut Up to 5% of Workforce to Reduce Costs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE