コンテンツにスキップする

10代男性がアップル提訴、顔認証が原因で誤認逮捕と主張

  • 「深刻なストレスと苦痛」で10億ドルの賠償金支払い求める
  • 紛失した仮免許証を犯人がアップル店舗で利用した可能性
Pedestrians pass in front of the Apple Inc. store on Manhattan's Upper West Side in New York.

Pedestrians pass in front of the Apple Inc. store on Manhattan's Upper West Side in New York.

Photographer: Michael Nagle/Bloomberg
Pedestrians pass in front of the Apple Inc. store on Manhattan's Upper West Side in New York.
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

アップルの顔認証ソフトウエアが原因で、同社店舗での一連の窃盗事件への関与が疑われたとして、ニューヨーク在住の学生がアップルをマンハッタンの米連邦地裁に22日提訴した。10億ドル(約1120億円)の賠償金支払いを求めている。

  ウスマン・バー氏(18)は昨年11月、アップル店舗で窃盗を働いた容疑でニューヨークの自宅で逮捕・訴追請求された。バー氏は訴状で、逮捕令状に自分と似ていない人物の写真が添付されていたと説明。疑いがかけられた窃盗事件の一つはボストンで6月に起きたとされるが、その日はマンハッタンでパーティーに参加していたと主張している。

  バー氏によると、写真付きでない仮免許証を過去に紛失したことがあり、それを盗んだか見つけた本物の窃盗犯がアップル店舗で身分証明に利用した可能性がある。その結果、アップルが店舗で窃盗犯追跡に用いる顔認証システムが捉えた犯人の顔に自分の名前が誤ってリンクされたとみられると主張した。複数の疑いをかけられ、「深刻なストレスと苦痛」に見舞われたと訴えている。

  アップルのほか、この訴訟で被告に名を連ねた警備会社のセキュリティー・インダストリー・スペシャリスツもコメントを控えた。

原題:Apple Face-Recognition Blamed by New York Teen for False Arrest(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE