コンテンツにスキップする

スタバと競う中国の瑞幸珈琲が急拡大-米IPO申請

  • 年内に店舗数で中国最大のコーヒーチェーンになること目指す
  • 多くの顧客はまず無料券で来店-今後も赤字続く可能性
A Luckin Coffee store in Beijing.

A Luckin Coffee store in Beijing.

Photographer: Gilles Sabrie/Bloomberg
A Luckin Coffee store in Beijing.
Photographer: Gilles Sabrie/Bloomberg

中国でコーヒーチェーンを積極展開し、米スターバックスの競争相手となっているスタートアップ、瑞幸珈琲が米国での新規株式公開(IPO)を申請した。「LK」のティッカーでナスダック上場を目指す。

  北京に本拠を置く瑞幸珈琲は約3億ドル(約340億円)規模のIPOを計画しているとブルームバーグ・ニュースは2月に報じていた。同社は先週、29億ドルとの企業価値評価でブラックロックなどから計1億5000万ドルを調達した。

  より手頃な値段でコーヒーを提供する瑞幸珈琲は事業を急拡大し、国内28都市で2370店を展開。年内に店舗数で中国最大のコーヒーチェーンになることを目指している。

  2018年の売上高は1億2530万ドル、最終損益は2億4130万ドルの赤字。瑞幸珈琲は今後も赤字が続く可能性があると説明。多くの顧客はまず無料券で来店しており、同社はディスカウントなどに重点投資を続けるとした。

  引受会社はクレディ・スイスとモルガン・スタンレー、中国国際金融(CICC)、海通国際となっている。

原題:China’s Starbucks Challenger Luckin Files for U.S. IPO(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE