コンテンツにスキップする

テスラが「世界で最高」の半導体を設計、車に搭載-マスクCEO

  • エヌビディアから供給されていた半導体を自社設計に切り替え
  • 自社設計の自動運転コンピューター搭載車の生産を開始

電気自動車メーカー、米テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は22日、自動運転に関する投資家説明会で、同社は自社設計の自動運転コンピューターを搭載した車の生産を開始し、これまでエヌビディアから供給を受けていた半導体を自社設計の半導体に切り替えたことを明らかにした。

Elon Musk Reveals Tesla Model Y Crossover; To Start At $39,000

イーロン・マスク氏

撮影:Patrick T. Fallon / Bloomberg

  マスク氏(47)はカリフォルニア州パロアルトのテスラ本社で開かれた同説明会で、「最初はあり得ないと思われた。これまで半導体を設計したことがないテスラが世界で最高の半導体を設計することなどできるわけがなかった。しかし実際にそれが起こった。厳密に言えば最高の半導体ではないかもしれないが、おおまかに言えば最高の半導体だ。これが今、車に搭載されている」と誇らしげに語った。

  マスク氏は投資家らに対し、実際にこの日の午後に実際に車を走らせるので自分の目で確かめてほしいと述べた。テスラ設計の半導体はサムスン電子がテキサス州オースティンで生産すると説明した。

  テスラ株の22日終値は3.9%安となった。

原題:Musk Boasts Tesla Built ‘Best Chip in the World,’ Drops Nvidia(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE