コンテンツにスキップする

米中古住宅販売:3月は前月比4.9%減-予想上回る落ち込み

更新日時

全米不動産業者協会(NAR)が発表した3月の中古住宅販売件数は、市場予想を上回る落ち込みとなった。住宅市場がまだ回復の足掛かりをつかめていないことが示唆された。

キーポイント

  • 中古住宅販売件数(季節調整済み、年率)は前月比4.9%減の521万戸
    • エコノミスト予想の中央値は530万戸
    • 前月は548万戸(速報値551万戸)に下方修正
  • 中古住宅価格(中央値)は前年同月比3.8%上昇の25万9400ドル

インサイト

  • 中古住宅販売件数が減少するのは過去5カ月で4回目。住宅ローン金利の低下や持続的な賃金上昇、住宅価格の上昇ペース鈍化にもかかわらず、低調さが続いている
  • NARの人口動態・行動分析担当バイスプレジデント、ジェシカ・ラウツ氏はワシントンでの記者ブリーフィングで、「需給のミスマッチが見られる」と指摘。低価格帯での在庫の増加と、高価格帯での価格低下が必要との見方を示した。
  • 販売に対する在庫比率は3.9カ月で、2月の3.6カ月から上昇

原題:U.S. Existing-Home Sales Ease More Than Forecast to 5.2 Million (抜粋)

(統計の詳細を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE