コンテンツにスキップする
Photographer: Taylor Weidman/Bloomberg

東京センチュリー、ミャンマーのヨマ自動車リース事業の20%株取得へ

Vehicles sit in traffic along a road in Yangon, Myanmar, on Friday, Aug. 31, 2018. International criticism over Rohingya crisis has damaged Myanmar's reputation, making it harder for companies that sought opportunities in the country after the U.S. lifted broad-based sanctions following its transition to democracy.
Photographer: Taylor Weidman/Bloomberg

東京センチュリーは、ミャンマーの複合企業ヨマ・ストラテジック・ホールディングスの自動車リース事業の株式20%を取得する。ミャンマーでの事業拡大とヨマとのさらなる提携を目指す。

  ヨマ側の22日の発表資料によれば、東京センチュリーは新株発行を通じてヨマ・フリートの同株式を2660万ドル(約29億7700万円)で取得する。ヨマは得た資金を自社の自動車リース事業の拡大に充てるという。

  東京センチュリーの吉野康司・専務執行役員はミャンマーの自動車市場は急速に発展しており、成長のポテンシャルが高いと指摘。今後数年内にヨマ・ストラテジックの他の事業分野でさらなる提携の可能性を探る意向を示した。

原題:Tokyo Century to Buy Fifth of Yoma Strategic’s Auto Leasing Unit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE