コンテンツにスキップする

UBS元女性法令担当がM&A情報流し、友人に1570万円の利益と検察

  • ボーダフォンがカベル買収をひそかに計画しているという情報に基づく
  • 被告はこれが生きた案件であることを内部機密データベースで確認
Credit Suisse Group AG And UBS Group AG Offices As Swiss Consumer Growth Likely To Slow
Photographer: Michele Limina/Bloomberg
Credit Suisse Group AG And UBS Group AG Offices As Swiss Consumer Growth Likely To Slow
Photographer: Michele Limina/Bloomberg

スイス最大の銀行UBSグループの元コンプライアンスオフィサーで、インサイダー取引を巡り起訴されたファビアーナ・アブデルマレク被告の2日目の公判が、ロンドンで17日に開かれた。

  英携帯電話事業者ボーダフォンがドイツのケーブル事業者カベル・ドイチェランド・ホールディング買収をひそかに計画しているという非公開情報を被告が知り、デイトレーダーだった友人はこの情報に基づき12万5000ユーロ(約1570万円)余りの利益を得たと検察側が主張した。

  ジョン・マクギネス検事によれば、アブデルマレク被告はこのディールが生きた案件であることを内部の機密データベースで2013年6月に確認。友人のワリド・チョーカー被告がその日のうちにカベルの株式約100万ユーロ相当を買った。

  検事によると、買収打診を伝える報道を受け、カベルの株価は8日後に8.6%上昇し、株式を売り抜けたチョーカー被告は12万5281ユーロの利益を手にした。インサイダー取引に関係する5つの訴因で起訴された両被告は、いずれも罪状を否認している。

原題:UBS Official’s Secret Deal Tip Led to $140,000 Profit, FCA Says

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE