コンテンツにスキップする

トランプ大統領弾劾で審問開始の是非を議論へ-民主党有力議員

  • ウォーレン議員ら民主党急進左派が弾劾を要求、指導部は消極的
  • 幹部会を開き米国に最善の道筋模索へ-シフ下院情報特別委員長

米下院情報特別委員会のシフ委員長は21日、民主党としてトランプ大統領の弾劾審問を開始するかどうか議論すると述べた。同党指導部は弾劾に向けた動きに消極的だが、党内急進左派は審問開始を求めて圧力を強めている。

Trump Says He's Postponing Pelosi Overseas Trip, Citing Shutdown

シフ下院情報特別委員長

写真家:Andrew Harrer / Bloomberg

  シフ氏は「FOXニュース・サンデー」とのインタビューで、「われわれは民主党にとってではなく、米国にとって最善の道筋を見いだすため、向こう数週間、この件について幹部会を開くつもりだ」と語った。

  編集を施された上で18日に米議会に送付されたモラー特別検察官の報告書は、司法妨害が疑われる少なくとも10件の事例を特定し、どう対応するかの判断を議会に委ねた。その結果、エリザベス・ウォーレン上院議員やアレクサンドリア・オカシオコルテス下院議員ら民主党急進左派が弾劾を求める動きを起こしていた。

  民主党の政策課題を前進させるために党内の結束維持に取り組んでいるペロシ下院議長ら指導部は、弾劾の取り組みが失敗した場合の政治的リスクを繰り返し強調してきた。

  これまでペロシ氏と同じ考えを示してきたシフ氏は21日、自分はまだこの問題について結論を出していないとしならがらも、「共和党が引き続き国より自党を優先し、トランプ大統領の行動がどれだけ非倫理的で不誠実であろうと基本的に大統領を支持し続けるなら、弾劾は失敗に終わるだろう」とあらためて警告した。

原題:Schiff Says Democrats Will Debate Impeachment Amid Left Pressure(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE