コンテンツにスキップする

仏ダッソー・システムズが米で買収模索、メディデータも候補-関係者

  • 生命科学部門の強化を目的にメディデータ買収の可能性について協議
  • 最終決定はまだ下していない-買収見送りや他企業選ぶ可能性も

フランスのダッソー・システムズは米国での企業買収を模索しており、臨床試験分野のソフトを専門とするメディデータ・ソリューションズなどを買収先候補として検討している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  関係者が情報の非公開を理由に匿名で語ったところでは、ダッソーは生命科学部門の強化を目的にメディデータ買収の可能性について協議している。話し合いは初期段階のもので、ダッソーは買収を進めない決定を下したり、買収先として別の企業を選ぶ可能性もあるという。関係者の1人によると、メディデータに対しては他にも複数の買い手候補から関心が示される可能性がある。

  ダッソーの担当者はコメントを控えた。メディデータは通常の営業時間外でコメントできない状況。

  18日のメディデータの株価は3.5%高で終了し、時価総額は49億ドル(約5500億円)。同社はクラウドベースのサブスクリプション・サービスを提供し、医療機器や診断、医薬品を手掛ける企業の臨床試験管理・分析を支援する。ダッソーは航空宇宙や防衛、消費財、生命科学などさまざまな業界にソフトウエア・サービスを提供。24日に1-3月(第1四半期)決算の電話会見を予定している。

原題:Dassault Systemes Is Said to Eye U.S. Deals Including Medidata(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE