コンテンツにスキップする

ボーイングのドリームライナー工場、「手抜き生産」が横行-NYT紙

米ボーイングの787ドリームライナーを生産する2工場のうちの一つ、サウスカロライナ州ノースチャールストンの工場は生産や監督を巡る問題を抱えており、安全性の面で脅威が生じている。米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)が報じた。

  同紙は社内電子メールや文書、連邦政府の記録に関する検証、および現役・元社員10人余りへの取材を基に伝えた。

  一部の航空機には不良部品が取り付けられ、金属の削りくずが機体の内部に残されることもあった。同工場の技術者、ジョセフ・クレイトン氏はコックピット下の配線に危険なほど近いところで、破片を頻繁に見つけていたと述べた。

  ボーイングのサウスカロライナの現場責任者ブラッド・ザバック氏は、自身のチーム宛て電子メールでNYTの報道に反論。「ゆがめられた不正確な表現だ」とし、生産業務は健全だと主張。NYTに現場を訪れるよう要請したが拒否されたとも説明した。

Boeing's Newest 787 Prepares To Take Off As Trump Roils Trade

ノースチャールストンの生産ラインのボーイング787ドリームライナー

写真家:Travis Dove / Bloomberg

原題:Boeing Dreamliner Plant ‘Plagued by Shoddy Production’: NYT (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE