コンテンツにスキップする

【先週の新興国市場】まちまち、祝日控えた低ボラティリティーの中で

  • 新興国の通貨指数は下落、株価指数は3週連続上昇
  • 中国の経済成長率は予想上回る-独PMIは50未満にとどまる

新興国通貨は下落。中国の経済指標は力強い内容だったものの、欧州の指標が予想を下回り、世界経済の先行きに対する懸念が再燃した。新興国株式は3週連続で上昇した。

  欧州・中南米市場の大半が「復活祭」で休場となるのを控え、ボラティリティーは低かった。iシェアーズMSCIエマージング・マーケットETFのインプライド・ボラティリティ-(IV)を反映するCBOE新興国市場ETFボラティリティー指数(VXEEM)は先週、2018年1月以来の低水準に沈んだ。

Expected swings in EM stock ETFs sink to lowest since January 2018

  国ごとの出来事も重要な材料となった。ブラジルの年金改革法案の採決が先送りされたため、レアルの下げが目立った。一方、アルゼンチン・ペソが上げを主導した。同国当局は高止まりするインフレへの新たな対策を打ち出した。

  19日終了週の新興国市場の主なニュースは以下の通り。

資産別指数週間
MSCI新興市場指数+0.3%
MSCI新興国通貨指数-0.1%
ブルームバーグ・バークレイズ新興国市場の自国通貨建て国債指数-0.3% 

主なニュース:

  • 4月のドイツ製造業購買担当者指数(PMI)が引き続き50を下回り、世界的な景気減速懸念を強めた
  • 米国と中国の高官は、通商問題での合意締結に向けて直接会う形のハイレベル協議をさらに2回予定している。5月初めまでに妥結し、トランプ大統領と習近平国家主席が同月中に合意に署名することができるよう目指す。事情に詳しい関係者2人が明らかにした
  • 中国経済の1-3月(第1四半期)成長率は予想外の底堅さを示し、米国との通商交渉が正念場を迎える中、政府にとって一段の対策余地が生まれる格好となった
  • イスタンブール市長選では野党候補の当選が確認されたが、与党・公正発展党(AKP)は不正が行われたと主張しており、選挙管理当局は今週前半にもAKPの異議申し立てについて判断を下す見込みだと国営メディアは伝えた
    • トルコ中央銀行が純外貨準備を積み増すために過去1カ月、市中銀行との短期スワップ取引を利用していたとの報道が伝わり、リラは急落した
  • 北朝鮮外務省は18日、米国との核を巡る直接協議からポンペオ国務長官を外すよう求めた。2月の米朝首脳会談が物別れに終わり、圧力を強めている
    • 国営の朝鮮中央通信(KCNA)は、ポンペオ長官を非難する当局者クォン・ジョングン氏の発言を引用する数時間前、「新型戦術誘導兵器」の実験を報じた
  • インドネシアの大統領選は17日に投開票が行われ、現職のジョコ大統領が再選を果たす見通しだ。大手民間世論調査会社6社が集計したところによると、開票率約90%時点でジョコ氏は対立候補で元軍高官のプラボウォ・スビアント氏に少なくとも7ポイントの差をつけた。最終的な投票結果は5月に発表される予定

アジア:

  • 中国人民銀行(中央銀行)は景気判断を上向きに変更した。国内経済に持ち直しの兆しが広がる中、行き過ぎたマネーサプライを制御する姿勢を再び鮮明にし始めた
  • 3月のインド貿易赤字は前月から拡大。原油価格の回復で輸入コストが増加した

EMEA:

  • 石油生産で世界最大手のサウジアラムコが発行した120億ドル(約1兆3400億円)相当の社債は、サウジアラビア政府よりも借り入れコストが低くて済んだが、投資家がその代償を払っている。取引開始以来、アラムコ債は5本全てが下落している
  • ムーディーズはエジプトの長期外貨建て債務格付けを「B3」から「B2」に引き上げた
    • 憲法改正を問う国民投票が週末に始まった。可決されれば、シシ大統領は最長2030年まで権力の座にとどまる可能性がある

中南米:

  • アルゼンチン中銀は漸進的な通貨切り下げを停止し、為替バンドを現在の水準に年末まで維持すると発表した。全国消費者物価指数の前年同月比上昇率が3月に54.7%に加速したことに伴う措置
  • ブラジルの年金改革法案は議会委員会が採決を試みたが果たせかった。同法案は投資家から圧倒的な支持を得ている
今週発表のデータ
  • アジアはここをクリック
  • 東欧はここをクリック
  • 中南米はここをクリック

原題:EM Review: Assets Mixed as Traders on Edge Over Low Volatility(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE