コンテンツにスキップする

中国の農産物関税運用は違反とWTO判断-米政府が勝訴

  • コメと小麦、トウモロコシに関する中国の関税割り当てに不備
  • 中国政府の行動が35億ドル相当の輸入増加の妨げと米側は主張

世界貿易機関 (WTO)は18日、中国が課している農産物の輸入関税割り当ては適切な手続きに従っていないとする紛争処理委員会(パネル)の判断を公表した。米政府の訴えを認めたことで、トランプ大統領の中国を巡る主張を裏付けることになる。

  WTOがウェブサイトに掲載したパネルの報告書は、コメと小麦、トウモロコシに関する中国の低関税割り当て(TRQ)は不備のある不透明なアプローチで運用されていると指摘。TRQ管理に「プロセスの開始から完了に至るまで法的な不備」があるとしている。

  今回の判断は、トランプ大統領が仕掛けた貿易戦争に伴い競争力の維持に苦しんでいる米農家の中国市場アクセスを拡大する可能性がある。米農務省は中国政府の行動が35億ドル(約3900億円)相当の輸入増加を妨げていると主張していた。

  米通商代表部(USTR)は、米農家がより公平な条件の下で競争することに今回の結論が寄与するとの声明を電子メールで発表した。米国もしくは中国のいずれも60日以内の上訴が可能。

原題:WTO Finds Fault With China’s Agricultural Trade Restrictions (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE