コンテンツにスキップする

モラー報告書、トランプ氏による妨害の疑い10件記載-米司法長官

更新日時

バー米司法長官は18日、2016年米大統領選へのロシア介入疑惑に関するモラー特別検察官の報告書について記者会見し、トランプ大統領による司法妨害が疑われる件が10件、報告書に記載されていると説明。その上で、自身とローゼンスタイン司法副長官はモラー氏の見解には同意していないと述べた。

  バー長官は「トランプ大統領は、調査完了に不可欠な文書や証人をモラー特別検察官から事実上奪うような行動は取らなかった」と語った。

  同長官はまた、報告書の編集済み版を議会提出前にあらかじめ閲覧したいとの要請がトランプ大統領の個人弁護士からあり、それを許可したことを明らかにした。ホワイトハウスの弁護士が改訂を要求したり、改訂を行ったりはしていないとしている。

  トランプ氏はこの記者会見の直後に「ゲームオーバー」とツイートした。

バー司法長官の記者会見

Source: Bloomberg)

原題:Barr Says Mueller Found 10 Cases of Possible Trump Obstruction(抜粋)Barr Permitted Trump Lawyers to See Redacted Report in Advance

(第3段落に事前閲覧の話を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE