コンテンツにスキップする

米銀大手、トレーディングの回復に期待-2四半期連続の低迷後

  • 4月の好調なスタートと大型IPOへの期待に米銀幹部は言及
  • 1-3月のトレーディング・投資銀行収入は2四半期連続で減少

米国の大手銀行は、ウォール街の業績の回復が近いと考えている。

  米銀幹部は4月が好調なスタートを切ったことや、今後数カ月の間に幾つかの新規株式公開(IPO)の大型案件が見込まれることが、希望を与えると述べた。2019年の各行の資本市場部門は厳しい滑り出しとなり、ウォール街の上位5行の1-3月(第1四半期)のトレーディング収入と投資銀行収入は、いずれも2四半期連続で減少。これは過去6年余りなかったことだ。

  モルガン・スタンレーのジョナサン・プルーザン最高財務責任者(CFO)は17日に投資家に対し、「スタートは遅れたが、勢いと信頼感がその後持ち直した。市場は4-6月(第2四半期)に前向きに推移している。投資銀行のパイプラインも健全だ」と語った。

  JPモルガン・チェースシティグループゴールドマン・サックス・グループ、 バンク・オブ・アメリカ、モルガン・スタンレーの5行は、数週間に及ぶ政府機関閉鎖の影響で株式引き受けを中心に投資銀行業務が妨げられ、複数のIPOに遅れが出たと指摘した。

Trading Troubles

Trading revenue at Wall Street's biggest firms continued to decline in the quarter

Source: Bloomberg Intelligence

Note: Includes revenue from Bank of America, Citigroup, Goldman Sachs, JPMorgan and Morgan Stanley

  しかし、今四半期については各行は楽観的なようだ。 シティのマーク・メーソンCFOは、第1四半期から第2四半期にかけての季節要因に伴う減収が、通常ほど大きくならないと考えていると説明。JPモルガンは、最大の合併・買収(M&A)市場である北米では特に投資銀のパイプラインが「堅調で活発」との見方を示した。

原題:Banks Offer Hope for Trading Turnaround After Six-Month Slump(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE